在校生の声

木下 美紀平成26年入学 / 看護科(第28期生)2年生

木下 美紀

准看護科を卒業後、
続けて看護科に進学しました。

 私は本校の准看護科を卒業後、続けて看護科に進学しました。
 現在は病院で働きながら、家庭では高校生と中学生の息子をもつ母親です。仕事、勉強、家庭での役割をこなすことは簡単ではありませんが、同じ志をもつ仲間の存在が私に力を与えてくれています。また、先生方は熱心な指導はもちろん、学習以外のことでも学生個々のことに親身に関わってくださいます。私はこのアットホームな校風が大好きです。
 日々、時間に追われてばかりですが、本校で学ぶ期間は私の人生の中で一番誇りに思えるプライスレスな第2の青春だと実感しています。これから基礎看護学実習に向けて勉強しなければならないことが増えてきますが自己実現に向けて頑張っていきたいと思います。

林  正平成27年入学 / 准看護科(第52回生)1年生

林  正

准看護科に入学してから
3か月が過ぎました。

 准看護科に入学してから3か月が過ぎました。授業は看護師としての知識・技術・態度を学ぶため、今までの生活ではあまり出会うことのなかった様々な分野や内容があり、その新鮮さと充実感から毎日があっという間に過ぎていくのを感じています。
 クラスの雰囲気はとても暖かく一つ一つの課題や目標に対して年齢の壁を越え一丸となって取り組んでおり、これからあるバレーボール大会や学校祭などもとても楽しみです。
 これからは学ぶ内容も増えていき、実習などの実践的な学習も待っています。決して簡単な道のりではありませんが、クラスの仲間達と共にこれを自分の看護力にしていき、理想の看護師として社会の場に立てるよう頑張っていきたいと思います。

掲載日:2015年7月

Copyright (C) KYOTO-KANGOSEN.JP. All Right Reserved.